メインイメージ画像

年少さんからでも安心な幼児教室

子供に才能を見出していく為には、小さいうちから幼児教室などに通わせた方が良いという意見があります。

具体的には幼稚園に通い始める年少から何かの幼児教室に通わせることで、子供の興味の対象を広げてあげたいと考えているお母さんも多いのです。確かに年少の子供は幼稚園に行くことにより他の子供との生活にも慣れてきます。その延長で幼児教室に行けば自然とレッスンの内容を吸収していけるでしょう。年少の子供はまだ言語感覚がはっきりしていない分、全てフィーリングで覚えていくことになります。

大人は何か学ぼうと思ったら、まずは目で見て頭で考えて理解することから始めます。レッスンを受けたとしてもはじめは自分の頭で分かってからでないと覚えることができません。

ところが子供には、どんなに難しい理論を聞いても頭で考えることはなく、自分自身の感覚として捉えていける能力があるのです。だから英語や音楽なども言語や音符ではなく感性で覚えるので、正確性があり一度覚えたら忘れないという効果が期待できるのです。

一般的に英会話やピアノの幼児教室が盛んなのは、幼児の才能を最も効果的に引き出すことができるジャンルだからです。

しかし幼児教室に通えば誰でも才能が開花するという事ではありません。まだ幼児なのですから、機嫌が悪い時や興味がない時には、何を教えても身につくことはありません。教室のみではなく、講師との適合性も大きく関係します。
様々な刺激のある幼児教室
幼児教室で楽しみながら知識をつけれます

特に一度その幼児教室でぐずったなどの思い出があると、その教室に来ただけで理由もなくぐずる様になってしまうのです。子供を上手に幼児教室に通わせる為には、年少で子供が自然に興味を持つ様な状態に持って行くのが最適です。親がその道に進ませたいからと幼児教室を選択しても、子供にとっては自分の嫌なことを押し付けられていると感じてしまいます。子供が自発的に興味を示すことは少なくても、何となくその幼児教室に通うことで自らの居場所を確保できる、そんな気持ちにさせてあげることが大事なのです。